自宅学習 小学生

自宅学習のすすめ、小学生にあった勉強法!

小学校から高校まで勉強は嫌いでした。

 

とにかく教科書を読むのが嫌で、テストになると丸暗記をするくらいでした。

 

特に数学は全くの苦手で当時先生は理屈がわかれば問題は解けると言われましたが理屈すらわからず苦労しました。さて社会人になってからのことです。自分は小学校の頃から魚釣りが好きで、就職も水産関係に入社しました。

 

すると自分の好きな分野というか趣味がそのまま仕事になったようなものですから、知らないことやわからないことがあると先輩に聞いたり、取引先に聞いたり、しまいには自分で本を買って覚えたりしました。

 

知らぬ間に勉強をしていたのです。興味のあることはとことん調べたり、読んだり、聞いたりします。頭の中にどんどん入ってゆきます。数年もすると魚のことはあの男に聞け!と言われるくらい魚のことは何でも知っている男になりました。

 

今では本は読まずにネットで調べて勉強しています。つまり好きなことや気になることは自分で覚えようとするのでひとりでに頭に入るのです。興味の無いことは覚えようとしても簡単には覚えられません。その時思ったのは、学校の勉強もこれくらい興味をもてば簡単に覚えて成績も良くなったのにということを感じました。もう一つはまったことがありました。釣りをする関係上、天気予報を良く見ていました。

 

それも天気図で説明する天気予報です。天気図を見せながらこの場合はこうなるとの説明を毎週のように見ていました。その甲斐があって今では天気図を見ればほとんど明日の天気や風の方向がわかります。これも気になる情報は真剣に見るので覚えようとしなくても頭に叩き込まれるのです。まさにこのようなことが学生時代には絶対わからなかった最高の勉強法だったのです。